医師会の依頼で、当医師会地区での各市町村でコロナワクチンを接種される方は、事前にかかりつけ医で、問診票の確認をして、接種可の短冊(主治医の)をつけ、接種会場での、問診にじかんがかからずスムーズに接種を終えるよう上記のようになっていますので、受診時に問診票、接種に次回受診が間に合わないときは、できるだけ混まない平日午後等に問診票をお持ちください。また

県外等のかかりつけの患者さんでワクチンの心配や、問診票の確認を希望される方は同様に直接ご相談ください。現在接種開始直後な為、大変時間が掛かっていますので、混雑時、土曜等はできるだけ避けていただくと助かります。

日にちが近くかかりつけの、問診票をお忘れのお近くの方は、おくすりを作っている間に、ご自宅に取りに行っていただいている場合もありますので、事故等御注意ください。またおくすりや、病気によっては接種日から1週間ずらす者やアナフィラキシーショック時に注意が必要なおくすりもありますのでご心配な方は、診察時にご相談ください