8/6午後の外来は役場の会議のため午後5時頃からを予定しています。お盆休みは13から16までです。9は通常通り午前のみ。祝日休診日の火曜は以前からお休みです。ミツワ診療所へようこそ     TEL 0276-70-3030   FAX 0276-70-3031

土日もコロナ下のためかぜ、膀胱炎等含む方の受診は11時半以降となります。一般の方は11時半には診察投薬会計等が終わるよう、体調不良の方は1名ずつその後入って頂き1人ずつ消毒して入って頂きますので、お車等でお待ちください。診察のついでの風邪薬等の処方はコロナ終了までできません。逆に感染症のついでにいつもの薬の初歩王は可能ですので、電話で予約時におも押しでください。かかりつけいがいのかたの、発熱等は感染症コールセンター等にご相談ください。当院は公立病院や、感染症指定病院等ではありません。

天候による診療時間等の変更は、ホームページ、LINE、電話等で確認して来院ください。密を避けるためスリッパの数を減らし、換気扇を増やしました。混雑時は、受付と連絡先電話番号をお伝えの上お車等でお待ちください。体調の悪い方の診察は、午前11時半、午後6時半以降予約制で1名ずつとなりますので、ご自宅からお電話ください。ご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。

新型コロナに関しては、厚労省以下ホームページ等を参考にしてください

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

 当院は感染症指定病院や発熱外来ではありません。またコールセンターからのご紹介を受けるたちばでも、装備や設備もありませんので、こちらでのご紹介は受けておりませんので、ご注意ください。慢性疾患等でかかりつけのかたは、ご自宅からお電話で受診時関等をご相談ください。すでに風邪とコロナの区別はつきませんので、初診、再初診のかたはホームページからオンライン診療を御利用ください。まずはかかりつけのないかたは、県コールセンター0570-082-820にご相談ください。体調不良(熱、咳、だるさ腹痛、下痢、結膜炎、におい、味等等区別がつかないので)のかたは、事前にお電話でご相談いただき、午前11半、午後6時半から装備、一般の方の受診を規制してしんさつしています。皮膚、血圧、等等でも必ずご自宅からでも電話で相談の上受診ください。時間にかかわらず全てのかたの安全のため窓口でのご相談は絶対にやめてください。かかりつけで体調不良等ない方はこれ以外の時間で受診ください。ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。発熱外来、コロナ外来等ではありません。当院は感染症指定病院等ではありませんので、PCR検査等までつなげません。初診で体調不良でご心配な方はコールセンターをおすすめしますが、それでもご心配な方はまずオンライン診療等でご相談ください。当院は個人クリニックですので元々防護服、N95マスクフェイスシールド等診察に必用な者は、ネットで高額で取得しておりますので枯渇しております。休日当番医、その他多々社会的な貢献はしております。

かかりつけのかたとうで、来院がどうしても不安な方は、往診あるいは、オンライン診療・電話再診等、初診から、ご家族のスマホ、カード等でも対応できますので(病気、薬等によっては、新型コロナ下でも認められていないもの、当院では行っていないものもありますので、ホームページで確認できない者は、ご相談ください。オンライン診療でおくすり切れに注意ください。

初診から特例で可能ですが、疾患が限られ(向精神薬、免疫抑制剤、は不可。当面、糖尿,リウマチ、不眠等認められていないもの、オンラインで困難なものは今のところ行いません。特例解除後は、主に受診に切り替え、オンラインの場合は上記料金がかかること。院内、院外に(受けてくれる薬局があればですが、宅急便等でお薬を配送する料金がかかります。)オンラインによる診療が不向き、不慣れなこともあり予約時間に連絡のない場合は電話をください。通常の診察、急患対応等の場合もあります。風邪等の初診が可能かは確認が心配な風邪症状を含めオンラインでの診療は行っております。コロナに関する保険外相談は行っておりませんのでご了承ください。特例下で保険外併用療養費として500円(情報通信機器の運用に掛かる実費)がかかります。またオンラインのため必ずしも正確な診断は出来ない事、状況によって新型コロナノコールセンター等をご紹介させていただくこと等を了承の上、受診ください。4/17日から開始しています。事前の手続き等はオンライン診療をご覧ください。

 新型コロナウイルスの検査は、保険適応になっても指定医療機関のみですので、そちらでご相談ください。

リウマチでエンブレル、オレンシア、シンポニー、シムジア等使用中の方は疼痛緩和のため来院30分前に電話を(冷蔵庫から出しておきます。)

 MTX(メトトレキサート、リウマトレックス、から生物学製剤、JAK阻害薬まで自治医大アレルギーリウマチ科等と協力して治療していま

 

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心不全等、地域中核病院(羽生病院、館林厚生、佐野厚生、足利日赤、県立循環器病センター、循環器・呼吸器病センター、自治医大、獨協医大等含め必用と状況、時間帯に応じて、患者さんのご希望に応じて、病診連携を行っております)

 喘息・肺気腫等在宅酸素療法まで行っています。

 糖尿病は最新の治療を行っています。(インシュリン・トルリシティ(GLP-1)ほか自治・獨協・自治医大他関連病院と協力して行っております

 当院は基本的に内科です。日曜日にやっている皮膚科・精神科等ではありませんので、受診前に電話でご相談ください。

 また、救急当番ではない日は、込み入ったお話、初診等は平日時間の許すときに受診ください。(難病等)

 天候等により臨時休診(台風ゲリラ雷雨など)となる場合がありますので、ホームページ、電話等で確認の上ご来院ください。LINEに登録いただくとご連絡漏れがなくなります。

 (当番医・初診等、病状疾患によっては他科となりますので、ご不明な場合は電話でお問い合わせの上ご来院ください

 在宅の患者さんの体調不良等は、担当看護師、緊急連絡先等にご連絡ください。

 *はじめて喘息、狭心症、弁膜症、心不全、糖尿病、高脂血症、消化器、等等で受診される方は、時間に余裕を持って受診ください

 腎疾患、血液、その他検査値に誤差が出る疾患のかたは検査値が正常に出ないため、休日、遅い時間等での受診はできるだけお避けく

 *初診、検診で引っかかった等はできるだけお薬手帳、検査結果等をお持ちください

 *お薬のみの処方は保険で認められていませんので、現在出せるところはありません

 (保険医療機関の取り消しとなりますのでご理解ください)

MTX(メトトレキサート、リウマトレックス、から生物学製剤、JAK阻害薬まで自治医大アレルギーリウマチ科等と協力して治療しています。

喘息・肺気腫等在宅酸素療法まで行っています。

糖尿病は最新の治療を行っています。(インシュリン・トルリシティ(GLP-1)ほか自治・獨協・自治医大他関連病院と協力して行っております)

在宅の患者さんは担当看護師、緊急連絡先等にご連絡ください

 

令和2年8月1